はなもも茶道日記

〜茶道で幸福感に満たされる〜

台飾りのお稽古

季節感あふれる空間で茶道を楽しみませんか?!
表千家茶道教室のご案内
http://meigetsuan.com/

今日は久しぶりのお稽古でした🙂💕

まずは明日の桃の節句に向けて、母が桃の花を生けてくれるのを見学しました!

母は生花の教授者でもあります。

 

f:id:chanoyu:20190302230044j:image

 

花材は、桃の花と菜の花です。

こちらの生花は、古流ならではの立活(たちいけ)という生け方だそうです。

枝の流れや角度のバランスが美しい上、桃の花と菜の花という大好きな組み合わせでしたので、嬉しい気持ちで見学させてもらいました。

 

桃の花は、昔から中国で仙木と呼ばれ、邪気を祓ったり不老長寿を願ったりするための神聖な植物とされてきたそうです。

お雛祭りに桃の花を生けるのは、女の子の健康や幸せを祈るためなのですね。

私は幼い頃から、生花の中でも立活を見るのが好きでした。自分なりの立活の作品を生けられるようになるには、かなりの修練が必要なので、生花の世界も甘いものではないな…と痛感しています💦

 

続いて台飾りのお点前です。

f:id:chanoyu:20190302231315j:image

お点前はもちろん、お客としての頂き方もしっかりと復習できました!

 

 

f:id:chanoyu:20190302231436j:image

主菓子:菜の花譜(なのはなふ)  鶴屋吉信

 

焼き皮はモチモチとした食感で、こしあんが包まれています。甘さ控えめで上品なお味でした✨それに何と言っても…デザインと色合いが大好きです💕

 

f:id:chanoyu:20190302232805j:image

 

 

f:id:chanoyu:20190302232836j:image

お干菓子:麩焼き煎餅  右近左近  鶴屋吉信

                  おくちどり  俵屋吉富製

 

雛あられもおまけで…

f:id:chanoyu:20190302233028j:image

 

f:id:chanoyu:20190302233129j:image

右側のおくちどりの包み紙には、

わが衣に 伏見の桃の 雫せよ    芭蕉

と書いてあります。

 

f:id:chanoyu:20190302233704j:image

お稽古前に母の着付けをしました。春らしいコーディネートですね。

着物が小紋であることと、茶道の所作で裾を踏むことが多く裾線が長くなりやすいので、あらかじめ短めにしてあります。

ですが…今回はもう少し長くてもよかったです。

それと、母は割と長身なので、バランスを見てお太鼓は少し大きめにしてあります。

母ぐらいの年齢の人に着付けるときは、帯の高さに注意します。格の高い着物だからと言って、格調高く帯の高さを高めにしてしまうと、お腹がぽっこり出て見えてしまうからです。

かと言って低すぎても老けて見えてしまうので最悪です。

久しぶりの着付けで腕が鈍っていた上、15分という短時間での着付けだったこともあり30点ぐらいの出来でした。

反省点ばかりでした…😞

練習の積み重ねは、とても忍耐のいることですが、何よりも大事なことですね💦

 

 

そして今日は大好きなオオイヌノフグリが一面に咲いている奇跡的な場所を見つけました✨

f:id:chanoyu:20190302234728j:image

f:id:chanoyu:20190302234713j:image