はなもも茶道日記

〜茶道で幸福感に満たされる〜

いけばなのお稽古🌱5

今回は、与えられた花器・花材で、最初から最後まで1人で考えて自らいけてみるという課題でした。

いけばなのお稽古は毎回待ち遠しくて楽しみな時間なのですが、NOヒント🙅🏻‍♀️でとなると…💦緊張感が走りました。

まずは、最後に15分ぐらいで先生がいけてくださった作品です。

f:id:chanoyu:20190707214728j:image

少し花器の角度を変えて…

f:id:chanoyu:20190707214759j:image

 

花材:プロテア(オレンジ色の花)

           アルストロメリア(グリーンと白の花)

           木苺の葉

          

 

青磁の花器が細長いので、私も先生のように端から流れるようにいけてみたかったのですが…

もちろんそんな技術もなく、私の作品はこんな風になってしまいました💦

お恥ずかしい限りです。

 

f:id:chanoyu:20190707215318j:image

 

私はドラセナという葉も使って手前に流れを出してみました。母は5回目にしては上手だと褒めてくれましたが、母の作品とは雲泥の差でガッカリしました。

ですが、それでもいけばなは楽しいです!!

少しずつ経験を積んで上手になっていきたいです😊✨

七夕・茶筅飾りのお稽古

今回の茶筅飾りは、水指に共蓋を合わせた場合のお点前でした。

ほとんどお濃茶のお点前と同じでしたので、スムーズにできました!!

そして今回は最高に美味しくお濃茶を練ることができ、少し自信がつきました😊✨

 

 

f:id:chanoyu:20190707174118j:image

主菓子:星まつり   鶴屋吉信

 

七夕🎋をイメージした生菓子でした💕

ちょうど七夕の前日だったので、こんなに素敵な生菓子をいただけて嬉しかったです🙂✨

中はこし餡で甘さ控えめ、大変美味しかったです💕

 

 

f:id:chanoyu:20190707190811j:image

 

 

f:id:chanoyu:20190707181120j:image

花入:手付置籠花入  碌々斎好写し

茶花:姫檜扇水仙(ヒメヒオウギズイセン)

           女郎花(オミナエシ)

           半夏生(ハンゲショウ)

 

半夏生の神秘的な白色の葉っぱに目を奪われました😳✨

母曰く、半夏生の葉が何年も白くならず、品種が違うのか悩んだそうなのですが、成長し、紐状の花が咲くようになった頃からやっと葉が白くなり始めたそうです!

そして、まだ夏にもなっていないのに、早くも秋草である黄色い女郎花がいけてあったので驚きました!

オレンジ色の姫檜扇水仙も、半夏生の緑色の葉とのコントラストが美しく鮮やかでした。

 

 

f:id:chanoyu:20190707190905j:image

お干菓子:松風   亀屋陸奥

                  有平糖(水)  甘春堂製

                  生砂糖(楓)  甘春堂製

 

松風は、白味噌の深みのある味ともっちりした生地が絶妙で、皆さんに大人気のお干菓子です。

楓流水も涼しげです✨

 

f:id:chanoyu:20190707191705j:image

 

 

f:id:chanoyu:20190707191726j:image

薄茶は、メダカの絵が可愛らしい平茶碗でいただきました😋

 

 

f:id:chanoyu:20190707191902j:image

f:id:chanoyu:20190707191922j:image

水指に塗り蓋も素敵ですが、共蓋と合わせると重厚感があって更に素晴らしいです✨

 

最後にお庭の茶花です。

f:id:chanoyu:20190707194832j:image

底紅の槿(ムクゲ)

今年も槿の咲く季節になりました💕

底紅の槿は、私の一番好きな槿です!!

 

 

f:id:chanoyu:20190707195249j:image

祇園守(シロギオンマモリ)

京都の祇園祭と縁の深い茶花です。

透き通るような白色に心が安らぎます。

 

 

f:id:chanoyu:20190707195504j:image

半夏生(ハンゲショウ)

白色の葉が特徴的です!葉脈のラインも葉の形も美しいです✨✨

 

 

f:id:chanoyu:20190707195649j:image

f:id:chanoyu:20190707195700j:image

桔梗(キキョウ)

秋の七草の中の1つで、紫色が美しく落ち着いた佇まいです。

 

f:id:chanoyu:20190707200254j:image

白色の桔梗(キキョウ)

白色の桔梗は珍しいので、咲いたときは、ひときわ嬉しかったそうです✨✨

 

次回のお稽古が待ち遠しいです!

茶筅飾りのお稽古

昨日は初めての茶筅飾り(ちゃせんかざり)のお稽古がありました!

お濃茶のお点前がしっかりできていれば、そんなに難しくないお点前だと思いました!

今回は水指が塗り蓋でしたので、茶杓も塗り蓋の上に置きつけました。

 

f:id:chanoyu:20190630043614j:image

 

次回のお稽古では、水指の蓋が共蓋の場合のお点前にチャレンジします😊楽しみです💕

 

f:id:chanoyu:20190630043738j:image

f:id:chanoyu:20190630043753j:image

色紙の掛物:

阿やかれや  長刀鉾の  籤とらず

(あやかれや  なぎなたぼこの  くじとらず)

 

こちらは表千家7代家元 如心斎の詠んだ歌です。

最も古くに創建され、山鉾巡行の際には必ず先頭を飾る長刀鉾の誇りにあやかりたいものだ、という意味だと思います。

明日7/1から1ヶ月間、京都では祇園祭が始まります。

山鉾巡行には、33基の山鉾が登場しますが、それぞれに神様が祀られていてご利益があると言われています 。

くじとり式にて山鉾巡行の順番を決めるのですが、このときにくじとらずとして、あらかじめ順番が決められている山鉾がいくつかあり、その中でも必ず先頭をいくと決まっている鉾が長刀鉾です。

そして長刀鉾には、唯一生きた稚児(ちご)が乗ります。このお稚児さん(10歳前後の男の子)には様々なお役目があるとともに、生き神様として扱われ、大変な注目を集めます😳✨✨✨

 

 

f:id:chanoyu:20190630161630j:image

花入:楓籠(かえでかご)

茶花:紫陽花(アジサイ)

           岡虎の尾(オカトラノオ)

 

 

f:id:chanoyu:20190630161747j:image

主菓子:夏うごく  鶴屋吉信

 

ういろう製で、中に白餡が入っています。

ツバメの焼印があり、初夏の風を感じる主菓子でした✨

 

 

f:id:chanoyu:20190630162020j:image

お干菓子:胡麻せんべい  鶴屋八幡製

                  干錦玉(星)  甘春堂製

                  七夕 笹舟にのせて   ばいこう堂製

 

f:id:chanoyu:20190630162344j:image

 

 

そして、今回の薄茶は、浮舟という銘の新茶抹茶をいただきました✨✨柳桜園のものです。

f:id:chanoyu:20190630164815j:image

まろやかなコクが広がるのに、サッパリした味わいで最高に美味しかったです😋💕💕

 

 

季節感溢れる空間で、お稽古させていただくのは、とても嬉しく幸せなことだと改めて思いました😌

もっと様々なお点前に挑戦したいです!!

夏至・庭の茶花

一昨日6/22(土)は、1年で最も昼が長い1日夏至でした。当日は、あいにくの雨模様でしたので、残念ながらあまり実感することはできませんでした。

 

さて、たっぷりの雨と初夏の日差しとで、楽しみにしていた茶花が咲き始めました💕

 

f:id:chanoyu:20190624170548j:image

f:id:chanoyu:20190624165207j:image

夏椿(ナツツバキ)です✨✨

風炉の時期に、床にいけてもらうのが楽しみな、涼しげで清らかなお花です💕

 

 

f:id:chanoyu:20190624165541j:image

f:id:chanoyu:20190624165553j:image

紫陽花(アジサイ)です✨

大輪の紫陽花ですと、茶花として使いづらいかと思いますが、こちらの紫陽花は小振りなので床にいけたら最高のご馳走になります✨✨

 

 

f:id:chanoyu:20190624165837j:image

f:id:chanoyu:20190624165916j:image

咲き始めの頃よりも、花弁が大きくなり存在感が増してきた河原撫子(カワラナデシコ)です。

どの茶花も生命力に満ちていて、観察しているだけで元気をもらえそうです😊✨

 

最後に、こんな素敵な掲示板を見つけました💕

f:id:chanoyu:20190625093916j:image

紫陽花の絵がとても上手で、遠目に気になっていました✨

どの色の紫陽花も魅力的ですので選びがたいですが…私はやっぱり濃い群青色の紫陽花が好きです🥰

いけばなのお稽古🌱4

一昨日、久しぶりにいけばなのお稽古がありました!

花材を見て、どんな花器が合いそうか自分で好きな花器を選びました。

しかし、選んではみたものの、細長い2つの花器にどのように生けたら良いものか、初心者の私にはとても難問でした💦

なんとなく全体のイメージが浮かんでも、どのようにお花を挿していくのか技術がありません…

さすがに難しすぎたので、先生にも手伝っていただきながら完成させました💦

 

f:id:chanoyu:20190624145240j:image

玄関に飾ってみると、花器が透き通っていかにも涼しげで心が潤いました😌✨✨

 

それぞれの花器にいけたものはこんな感じです。

f:id:chanoyu:20190624145219j:image

花材:ひまわり(ビンセントクリアレモン)

           灯台躑躅(ドウダンツツジ)

 

f:id:chanoyu:20190624161949j:image

花材:グロリオサ

          ゴットセフィアナ

 

2つ合わせると

f:id:chanoyu:20190624162105j:image

 

花材のいけ方は、本当に十人十色です。

自分の満足のいく作品がいけられたなら合格だと思います💮

今回のお稽古で、もっと様々な作品を見たり、色んな花器・花材で経験を積み重ねなければダメだと自覚しました。

頑張ります💪🏻✨✨

気分が高まるお懐紙

これからの季節にピッタリの可愛いお懐紙を見つけました💓

 

f:id:chanoyu:20190618003621j:image

f:id:chanoyu:20190618003636j:image

 

今回のお懐紙は、皆さんもよくご存知の中川政七商店のものです。

お茶会や正式なお稽古の際には使えませんが…、プライベートなお稽古のときには使えます!!

それと、これからの季節、社中の先生にお中元をお包みすることもあると思いますが、そうしたときに、こうした季節感溢れるお懐紙で挟んでから熨斗袋に入れると素敵です✨✨

 

お懐紙ひとつでウキウキして、お稽古がもっともっと待ち遠しくなります😊💕

リラックスしてお点前を楽しむ

先日、お庭の茶花を鑑賞した後、お濃茶のお点前をご指導いただきました。

プライベートなお稽古でしたので、リラックスして楽しみました!

 

f:id:chanoyu:20190618000700j:image

主菓子は、水羊羹でした。有名な老舗の水羊羹から近所の和菓子屋さんの水羊羹まで、本当にお店によってお味や風味が全く異なるものですね🤔✨

水羊羹は甘さ控えめで喉越しが良いので、甘党でない私にも食べやすく大好きです💕

 

f:id:chanoyu:20190618001051j:image

今回のお抹茶茶碗青磁だったので、お濃茶を練るときに底がツルっとしており、不慣れで難しかったです💦

 

そして、現在お庭にはこんな茶花が咲いています💕

f:id:chanoyu:20190618001738j:image

聡明で美しい鉄線(テッセン)です。

長い期間楽しませてくれた鉄線も、そろそろおしまいです😟

 

 

f:id:chanoyu:20190618001926j:image

こちらは河原撫子(カワラナデシコ)です。

ピンク色が鮮やかです💕

 

 

f:id:chanoyu:20190618002124j:image

f:id:chanoyu:20190618002139j:image

うつむいたフォルムが可愛い蛍袋(ホタルブクロ)です。

 

 

f:id:chanoyu:20190618002301j:image

f:id:chanoyu:20190618002315j:image

眩しいほど美しく、しばらく目を離すことができなかったこちらの茶花は、曙銀梅(アケボノギンバイ)です✨

 

毎日強い日差しと暑さとで、水やりがとても大変そうです💦

1年を通して茶花を育てるのは、茶花に対する深い愛情と忍耐が必要ですね💦

母を尊敬します🙇🏻‍♀️

 

最後に母がいけてくれた立活(たちいけ)です。

f:id:chanoyu:20190618002857j:image

花材:ベッコウマサキ

 

枝をためたり、葉を落として姿を形づくったりと、実に難しそうです。