はなもも茶道日記

〜茶道で幸福感に満たされる〜

夏越の祓(なごしのはらえ)

6月の晦日(みそか)である6月30日には、様々な神社で夏越の祓(なごしのはらえ)という神事が行われるそうです。

夏越の祓とは、1年をちょうど半分にした6月の末日に、年越から半年間の厄災や罪を祓うとともに、心身を清めてお盆を迎えるようにするための儀式です。

ちなみに、大祓(おおはらえ)には、年越の祓(としこしのはらえ)と夏越の祓(なごしのはらえ)の2つの神事があります。

 

夏越の祓といえば、茅の輪くぐり(ちのわくぐり)ですが、最も身近なものは夏越の祓の行事食である水無月(みなづき)だと思います!

 

今年も6月にこれから半年間の無病息災をお祈りし、水無月をいただきました😋

f:id:chanoyu:20200707161040j:image

水無月   鶴屋吉信

 

鶴屋吉信水無月は、ういろうに歯ごたえがあって、小豆は上品な甘みとほんの少し強めの塩味がありました。

水無月をいただく慣わしは、関東ではそんなに浸透していないのかな…と思っていましたが、鶴屋吉信の店員さんが仰るには、朝一で全て完売してしまったとか😳

昨年は他のお弟子さんたちと楽しくいただいたのを思い出しました。

 

f:id:chanoyu:20200707162139j:image

f:id:chanoyu:20200707162149j:image

白い三角形のういろうは、削りたての氷を表しており、上の小豆は厄除けや、氷の上に被さった土を表しているそうです。

平安時代に氷室の氷を口にすることができたのはほんの一部の高貴な方々だけでした。

ういろうを氷に見立てて和菓子を作った京都の人々の創造性には感服させられます。

 

f:id:chanoyu:20200707163906j:image

今回の薄茶は柳桜園の新茶抹茶でした!

上尾郵便局でのいけばな展示

6月27日〜7月4日まで上尾郵便局にて母のいけばなが展示してあります!

 

郵便局の室内は冷房がきいて涼しくなっていますが、それでも暑さで枯れ始めてしまったり元気が無くなってしまったりした花材は何度かいけ替えてあげなければならず、暑い時期になればなるほど大変なようです💦

 

f:id:chanoyu:20200702213554j:image

f:id:chanoyu:20200702213616j:image

花材:百合(ユリ)

           紫陽花(アジサイ)

           ブルーベリー(枝物)

 

ユリにアジサイ…私の大好きな色合いだったので、見惚れてしまいました😌✨✨

せっかくの作品なので、1人でも多くの人が目に留めてくださるといいなぁと思いました。

 

今回のユリは、花びらが幾重にも重なっている珍しい品種でした✨

f:id:chanoyu:20200702214035j:image

 

 

先日、母と出かけた際に美しい盆栽が展示されていたのでアップします!

f:id:chanoyu:20200702214321j:image

蔦(ツタ)の盆栽で、樹齢30年だそうです。

枝ぶりも青々とした葉も素敵でした!

たまたま目にすることができて幸運でした✨

炭点前のお稽古と庭の茶花

今日6月21日は夏至で、日の出から日の入りのまでの時間が最も長い日です!

そして、夕方からは部分日食になるそうです。

月が太陽の前を横切るため、太陽が隠れるのが日食です。

 

さて、先週のお稽古では、桑小卓(くわこじょく)を用いた炭点前のお点前をご指導いただきました!

昨年の5月以来、2回目の炭点前です!

鐶の扱いが少し難しかったですが、全体の流れが分かってとても楽しく有意義なお稽古でした✨

今から次回のお稽古が待ち遠しいです😊✨

 

f:id:chanoyu:20200620184111j:image

f:id:chanoyu:20200620184122j:image

 

f:id:chanoyu:20200620185507j:image

花入:網代時代籠

茶花:丘虎の尾(オカトラノオ)

           桃花松本仙翁(トウカマツモトセンノウ)

           河原撫子(カワラナデシコ)

           鷹羽薄(タカノハススキ)

 

 

f:id:chanoyu:20200620191502j:image

丘虎の尾

白い小さなお花がたくさん集まって下に垂れ下がって見える姿が、虎の尾の形に似ていることからこの名があるようです。

ボリュームがあって見応えがあります✨

 

 

f:id:chanoyu:20200620191522j:image

桃花松本仙翁

今年初めて咲いた茶花だそうです!!

元々は、九州の阿蘇で自生する多年草だそうですが、こんなにも可憐に咲いている姿を拝見できて嬉しかったです!

 

 

f:id:chanoyu:20200620191538j:image

河原撫子

 

 

f:id:chanoyu:20200620192909j:image

主菓子:鉄線  七條甘春堂製

 

柔らかい外郎に甘さ控えめの白餡で、美しい主菓子でした✨

 

 

f:id:chanoyu:20200620192941j:image

お干菓子:落雁   小布施堂製

                  琥珀(重陽、柚子)   永楽屋製

 

こちらの落雁は、幼い頃からいつも家にあった落雁なのでとても思い出深いです。

赤えんどうの風味に栗の香りが加わった変わらぬ味で、今いただいてもやっぱりとても美味しいなと思います😋

f:id:chanoyu:20200620194145j:image

f:id:chanoyu:20200620194206j:image

f:id:chanoyu:20200620194945j:image

 

 

続いてお庭の茶花です。

f:id:chanoyu:20200620194228j:image

f:id:chanoyu:20200620212802j:image

曙金梅(アケボノキンバイ)

今年も咲いてくれました!

金梅草(キンバイソウ)という種類に属するお花で、中でも曙金梅は珍しい品種のようです!

何とも言えない美しさで見惚れてしまいます✨

 

 

f:id:chanoyu:20200620194442j:image

f:id:chanoyu:20200620212848j:image

河原撫子(カワラナデシコ)

 

 

f:id:chanoyu:20200620212952j:image

f:id:chanoyu:20200620194519j:image

夏椿(ナツツバキ)

夏椿のお花はとても繊細で、一度開花すると1日しか咲き続けることができません。

母も私も夏椿が大好きです!

すぐに日焼けしてしまったり萎れてしまったりするので、ちょうど綺麗に咲いているときを見計らって花入に挿してもらいました✨✨

f:id:chanoyu:20200620213651j:image

とっても綺麗です😌✨

 

最後に紫陽花(アジサイ)です。

実家のお庭に咲く紫陽花は、土が酸性であるためか全部似通った色合いですが、全て異なる種類の紫陽花です。

f:id:chanoyu:20200620194659j:image

f:id:chanoyu:20200620194601j:image

f:id:chanoyu:20200620194614j:image

f:id:chanoyu:20200620194631j:image

 

ガラスの花器にいけてもらいました💕

紫陽花は、見る角度によって色合いが異なって見えるので不思議です。

f:id:chanoyu:20200620214048j:image

f:id:chanoyu:20200621160623j:image

 

次回のお稽古も頑張ります!

風炉 お濃茶のお点前

昨日、関東でも梅雨入りしました☔️

街中でたくさんの紫陽花(アジサイ)を見かけますが、やっぱり雨の日の紫陽花は一段と美しく、それぞれに個性があって見かけるたびに嬉しくなります😊✨

 

さて、先日のお稽古では風炉でのお濃茶のお点前をご指導いただきました!

手なりにお点前でき、お濃茶も美味しく練ることができました!

今回は2人分の分量で練りました。

f:id:chanoyu:20200608131334j:image

 

今回のお濃茶は、丸久小山園の初縁(はつえにし)という新茶抹茶で、若々しい苦味と甘味のバランスが絶妙でした!

他のお弟子さんと一緒に味わいたかったな…と思いました。

f:id:chanoyu:20200612004742j:image

 

f:id:chanoyu:20200612024244j:image

f:id:chanoyu:20200608131424j:image

掛物:山中雨露新

                          (さんちゅう  うろ  あらたなり)

 

雨露(うろ)とは、文字通り雨と露のことで、雨と露は地上のすべてのものを潤す広大な恵みです。

雨が山の木々の葉を一気に潤し、雨水を含んだ土や植物の匂いが今にも漂ってきそうです。

みずみずしくて素敵な禅語だなぁと思いました🌿

 

 

f:id:chanoyu:20200608131645j:image

花入:手付置籠花入  碌々斎好写し

茶花:河原撫子(カワラナデシコ)

           蛍袋(ホタルブクロ)

           七段花(シチダンカ)

           縞葦(シマアシ)

 

淡い色合いで可愛らしい組み合わせでした💕

こうして一時の間、床に挿した茶花を拝見して、こんなにも心が洗われ豊かな気持ちになれるなんて…ありがたいことです。

自然への畏敬の念に加え、いつも茶花を慈しみ手塩にかけて育ててくれている母に感謝です😌

 

 

f:id:chanoyu:20200608132000j:image

主菓子:菖蒲合わせ(あやめあわせ)  虎屋製

 

 

f:id:chanoyu:20200608132309j:image

お干菓子:正観寺松風    松風本家製

                  せとかの雫    永楽屋製

                  千じゅ    千本玉壽軒製

                  和三盆    ばいこう堂製

       

正観寺松風は、薄さを追求し職人さんが包丁で手切りをしており、上品な甘味と軽やかな食感が魅力です。

千じゅは、紅白のさぬき和三盆糖の押し菓子で、中に小さな大徳寺納豆が入っています。

私はあまり得意ではないのですが、京都では大徳寺納豆が大好き!という方が多いらしく、茶人好みのお干菓子です。

母曰く、大徳寺納豆の塩味(えんみ)が和三盆の甘味とマッチしてとても美味しいそうです。

f:id:chanoyu:20200612011904j:image

f:id:chanoyu:20200612011917j:image

f:id:chanoyu:20200612011930j:image

 

 

f:id:chanoyu:20200608132552j:image

薄茶は、赤いメダカが泳いでいる馬盥(ばだらい)茶碗でいただきました!

 

                 

最後に、実家のお庭に早くも底紅の宗旦槿(ソウタンムクゲ)が咲き始めました!!

f:id:chanoyu:20200612024519j:image

次回のお稽古も張り切って頑張りたいと思います💪🏻

初風炉と庭の茶花

早いものでもう6月ですね。

5月の始めにお茶のお稽古がありました☘️

この日は初風炉で、薄茶のお点前をご指導いただきました!

風炉の空間は軽やかな雰囲気なので、ウキウキしてきます。

 

f:id:chanoyu:20200530145630j:image

掛物:薫風自南来

     (くんぷう じなんらい   くんぷう みなみより きたる)

 

新緑に爽やかな初夏の風が吹く5月によく飾られる掛物です✨

本来は、薫風自南来の後に殿閣微涼を生ずと続き、この歌が詠まれた時代背景のエピソードがかかわってきます。

しかし、様々な背景はあれども、若葉萌ゆる新緑の木々がそよそよと揺らぎ、南の方から爽やかな初夏の風が漂ってくる…😌🌿というような美しい情景を楽しむことにしましょう、とのことでした✨✨

お軸を拝見していると、心がスゥーっと初夏の風に触れたような気持ちになります✨

 

 

f:id:chanoyu:20200531012528j:image

f:id:chanoyu:20200531012540j:image

花入:鮎籠(あゆかご)

茶花:菖蒲(アヤメ)

 

鮎籠がとても涼しげで菖蒲がいきいきとしているように見えました!

 

 

f:id:chanoyu:20200531012844j:image

主菓子:唐衣(からぎぬ)  七條甘春堂製

 

唐衣とは、平安時代の婦人礼服で、十二単の一番上に着る丈の短い衣のことだそうです。

やはり菖蒲(アヤメ)や杜若(カキツバタ)の色合いを表しているのかなと思います。

淡い藤色で雅な雰囲気です✨

外郎製で中は白餡、絶品でした😋💕

 

 

f:id:chanoyu:20200531014207j:image

お干菓子:季節の干菓子(藤、水)

                                              鶴屋八幡製

 

藤の花は落雁で、水は有平糖です。

今回の鶴屋八幡のお干菓子も最高に美味しかったです✨

 

f:id:chanoyu:20200601022104j:image

f:id:chanoyu:20200601120946j:image

 

 

続いてお庭の茶花です!

f:id:chanoyu:20200601022336j:image

前回のブログでもご紹介しました山紫陽花(ヤマアジサイ)ですが、青々とした色に変化しました!

この色合いもとっても綺麗です✨✨

 

 

f:id:chanoyu:20200601022607j:image

こちらの七段花(シチダンカ)も少し濃いめの薄紫色に変化しました!!

艶やかに混ざり合った色合いが何とも言えない美しさです✨

 

 

f:id:chanoyu:20200601022813j:image

f:id:chanoyu:20200601022823j:image

こちらの梅花卯月(バイカウツギ)もお花が満開となり一層華やかになりました!

 

 

f:id:chanoyu:20200601023229j:image

山法師(ヤマボウシ)のお花です。

薄い緑色のお花がとても爽やかです✨✨

 

 

f:id:chanoyu:20200601235103j:image

f:id:chanoyu:20200601023424j:image

丁子葛(チョウジカズラ)です。

燦々と太陽の光を浴び、眩しいぐらい綺麗です✨

 

 

f:id:chanoyu:20200601024123j:image

f:id:chanoyu:20200601024133j:image

最後に蛍袋(ホタルブクロ)です!

蛍袋のお花は可愛いくて独特な姿なので、一度でも見たら忘れられないですね!

 

次回のお稽古も頑張ります!

立夏〜 庭の茶花

f:id:chanoyu:20200525112435j:image

5月5日は端午の節句立夏でもありました。

新緑が燦々と輝く中、実家のお庭には様々な茶花が咲いています。

 

f:id:chanoyu:20200525112520j:image

f:id:chanoyu:20200525172244j:image

花筏(ハナイカダ)

とても珍しい茶花です。

葉っぱの上に小さな点状のものが見えますが、これが花筏のお花だそうです😳!!

よく目を凝らして見てみますとお花の形をしています。

そして2枚目の写真では、葉っぱの上に少し黒色っぽい点状のものがあり、こちらは花筏のお花の蕾(つぼみ)です。

 

 

f:id:chanoyu:20200525112736j:image

海老根(エビネ)

控えめな色合いですが凛とした雰囲気を持ち合わせているなぁと思いました!

 

 

f:id:chanoyu:20200525112806j:image

立浪草(タツナミソウ)

紫色と藤色のグラデーションがとても鮮やかです💕

 

 

f:id:chanoyu:20200525112926j:image

赤花夕化粧

(アカバナユウゲショウ)

夜遅くにとても艶やかなお花を咲かせることから、このような優美な名前が付いたそうです。

しかし現在では昼間に咲く姿も見られるようになりました。

 

 

f:id:chanoyu:20200525113037j:image

f:id:chanoyu:20200525113051j:image

壺珊瑚(ツボサンゴ)

今年も可愛らしく咲いてくれています💕

まるで宝石の珊瑚のようです✨✨

 

 

f:id:chanoyu:20200525114415j:image

菖蒲(アヤメ)

風薫る5月といえばアヤメですね!

紫色と黄色のコントラストが大好きです💕

 

 

f:id:chanoyu:20200525114521j:image

f:id:chanoyu:20200525114651j:image

紫蘭(シラン)

蘭のお花は数え切れないぐらいの品種があるそうですが、こちらの紫蘭は和の雰囲気が漂います✨

 

 

f:id:chanoyu:20200525114841j:image

梅花空木(バイカウツギ)

ふっくらとしたお花のフォルムが可愛らしく、そっと見守ってくれそうな優しいイメージの茶花だなと思いました。

 

 

f:id:chanoyu:20200525114950j:image

f:id:chanoyu:20200525234428j:image

山紫陽花(ヤマアジサイ)

母がこの何とも言えない美しい色合いに惹かれ、手塩にかけて育てている山紫陽花です!

見れば見るほど、奇跡のような美しさです😳✨

 

 

f:id:chanoyu:20200525115033j:image

f:id:chanoyu:20200525115047j:image

鉄線(テッセン)

たくさんの鉄線が華やかに咲き始めました!!

蔓(つる)の曲線と若緑色の葉、そして存在感のあるお花…。今年もこんなに綺麗な鉄線のお花に出逢えて嬉しいです😊

 

 

f:id:chanoyu:20200526012625j:image

七段花(シチダンカ)

ここ数年元気がなく、なかなかお花を咲かせてくれませんでしたが、今年はついに咲きました!!

初めて六甲山で発見されて以来、江戸時代に園芸用として栽培されるようになったそうですが、その後まったくその姿を見なくなってしまった幻の花だそうです。

しかし昭和34年に再度、六甲山系内で発見されたそうです。

 

 

f:id:chanoyu:20200525142136j:image

f:id:chanoyu:20200525142155j:image

最後に、実家に新たに仲間入りした紫陽花(アジサイ)です!

銘はDrip (滴下)で、ユキノシタ科だそうです!

炉での最終稽古 お濃茶手前

先日のお稽古で炉はおしまいとのことでしたので、これまでの総復習というつもりでしっかり臨みました!

今日は端午の節句ですが、ここ数日暑い日が続いています。これからは風炉でのお点前に変わります。

 

f:id:chanoyu:20200505144846j:image

f:id:chanoyu:20200505144857j:image

まだまだ初心者の私ですが、炉でのお濃茶のお点前は、迷いなくできるようになってきました!

そして今回のお濃茶は、お湯の温度・練り具合共に良く、これまでで一番美味くふっくらと練ることができたと褒めてもらえました✨✨

f:id:chanoyu:20200505145329j:image

 

f:id:chanoyu:20200505145356j:image

f:id:chanoyu:20200505145407j:image

掛物:三級浪高魚化龍

         (さんきゅう  なみたかくして  うお  りゅうとかす)

 

魚(鯉)が滝を昇ると龍になる、という登竜門の伝説からきた禅語だそうで、三級というのは三段に連なった見事に高い滝で中国の龍門山にある滝のことだそうです。

三級を登り切った鯉は悟りを開き龍になるとの伝説で、人も目の前に立ちはだかる壁や難問に挑戦し続ければ、それを成し遂げたときに素晴らしい境地が待っているという教えだそうです。

 

f:id:chanoyu:20200505150714j:image

花入:伊賀焼 旅枕

茶花:利休花笠(リキュウハナガサ)

           海老根(エビネ)

           都忘れ(ミヤコワスレ)

 

f:id:chanoyu:20200505150915j:image

利休花笠

春から大活躍の茶花でした!

何とも言えない控えめな色合いから、思慮深い茶花というイメージがあります。

 

f:id:chanoyu:20200505150954j:image

紫色の都忘れ

こっくりとした紫色が美しいです。

美しい色と可愛らしい姿が魅力です✨

 

f:id:chanoyu:20200505151014j:image

海老根

こちらも控えめな茶花という印象ですが美しいです💕

控えめな姿は、とても茶道の世界観とマッチしていて好きです。

 

 

f:id:chanoyu:20200505151745j:image

主菓子:花菖蒲(はなしょうぶ)  甘春堂製

 

上品な程よい甘みでとても美味しかったです😋

 

 

f:id:chanoyu:20200505152207j:image

お干菓子:蕎麦板(ピーナッツ)  本家尾張屋製

                  季子ごよみ(春)   三英堂製

                  和三盆(カブト)   甘春堂製

 

いかにも端午の節句らしい取り合わせで、ウキウキしました💕

季子ごよみは、淡雪の生地に桜の葉が混ざっていて春らしい味わいでした!

 

f:id:chanoyu:20200505152445j:image

f:id:chanoyu:20200505152518j:image

 

f:id:chanoyu:20200505152950j:image

薄茶は鯉のぼりのお抹茶茶碗で…

 

次回からは風炉のお稽古になるのでとても楽しみです✨

 

最後にずっと気になっていた美しすぎる有平糖をアップします😊💕

f:id:chanoyu:20200505153539j:image

f:id:chanoyu:20200505153551j:image

f:id:chanoyu:20200505153604j:image

芸術的な素晴らしい有平細工に見惚れてしまいました😌✨

こちらの有平糖は、これまで食べてきた数ある有平糖の中でも、間違いなく一番美味しいと思いました!ものすごい有平糖です✨✨