はなもも茶道日記

〜茶道で幸福感に満たされる〜

梅雨が明けました

昨日、関東地方の梅雨明けの発表がありました。例年より22日も早いそうですね!

梅雨明けの一報を聞いたと思った矢先、蝉の鳴き声も聞こえてきました!

蝉の鳴き声を聞くと、何だか懐かしい気持ちになります。

夏は短いので、この暑さと開放感を全身で楽しみたいと思います。

 

先週のお稽古では、風炉で薄茶をやりました。相変わらずお点前中に足がしびれて、情けなかったです。紫陽花のお花はそろそろ終わってしまいますが、今日はお菓子でも紫陽花を楽しむことができて嬉しかったです。

f:id:chanoyu:20180701005404j:image

昨日のお稽古では、お気に入りのお抹茶茶碗で新茶抹茶をいただきました。

f:id:chanoyu:20180701003850j:image

お抹茶は、柳桜園の新茶抹茶です。

f:id:chanoyu:20180701004001j:image

お菓子は、出雲国 松江の三英堂の「季子ごよみ(夏)」です。季子ごよみは、春夏秋冬でお菓子に含まれる材料が異なります。夏の季子ごよみは、本当に美しい色合いで七夕を連想しました。マシュマロのような食感の淡雪生地にピンク・水色・紫のゼリーのような琥珀が入っていて、生姜の風味がしました。

 

お茶を習ったばかりの頃は、音楽に携わってきた私にとって、茶道は音が少なく退屈なものでした。でも今では、四季を感じ、精神を落ち着かせてただただ美味しいお抹茶を点てることに集中するひとときが、とても新鮮で楽しく大好きです!