はなもも茶道日記

〜茶道で幸福感に満たされる〜

お濃茶のお稽古と茶花

昨日、お茶のお稽古がありお濃茶のお点前をしました。

自分でも納得のいくお点前ができました!🎊

お濃茶の練り具合とお湯の量もバッチリでした!たとえスモールステップでも、お点前が自然と体に馴染んだ感じがして嬉しかったです😊

 

床は、ひっそりとした秋の風情が感じられ、拝見していて心が落ち着きました。

f:id:chanoyu:20181009094420j:image

 

f:id:chanoyu:20181009094729j:image

茶花:秋明菊(シュウメイギク)

           霜柱(シモバシラ)

           芒(すすき)

 

霜柱という茶花を初めて見ましたが、なんとも可憐で見事なお花でした✨

そして、芒が一段と秋の趣を醸し出してくれています。

 

f:id:chanoyu:20181009102158j:image

主菓子:落柿舎(らくししゃ)   鶴屋吉信

 

黄身しぐれ製で餡が三層になっており大変美味しかったです💕

 

 

f:id:chanoyu:20181009102436j:image

お干菓子:月世界(つきせかい)   月世界本舗製

                  秋の山路   甘春堂製

 

f:id:chanoyu:20181009103022j:image

 

私にとってお茶のお稽古は、季節感に満ちた素晴らしい空間で、真摯に自分を見つめ向き合うことができる時間であり、相手を思い、心と心のやりとりができる時間でもあります。

茶道に出逢えてよかったです😌✨