はなもも茶道日記

〜茶道で幸福感に満たされる〜

お濃茶のお稽古と茶花

昨日のお稽古もお濃茶のお点前を見てもらいました✨

やはり中仕舞と中仕舞をとく所作がなかなかスムーズにできないのでもう少し練習が必要です。

それと最近、お濃茶を練る際のお湯の量が多くなりがちなのでこちらにも注意しなければなりません!

 

 

f:id:chanoyu:20181209002010j:image

主菓子:ひとくち上生(クリスマス)

              喜多屋六人衆製

 

もう本当に可愛らしくて、思わず笑みがこぼれてしまうお菓子です💕

サンタクロースから時計回りに、ベル・万両・トナカイ・雪だるま・ツリーです💕

こし餡、白餡、粒餡の3種類の餡が入っており、どれも大変美味しいです✨✨✨

 

 

f:id:chanoyu:20181209002704j:image

母の茶道教室では、お濃茶に柳桜園の祥雲の昔という銘のお抹茶を使っていますが、苦味・甘み・コクのバランスが素晴らしく、毎回いただくのが楽しみなほど美味しいです。

熱々で程よいトロトロ加減のお濃茶は、まさに絶品です✨✨✨

 

 

f:id:chanoyu:20181209003342j:image

茶花:白色の木瓜(ボケ)、  西王母(セイオウボ)

           令法(リョウブ)の照り葉

 

今年のお稽古も残すところあと1回しかありません💦

ぜひとも納得のいくお点前をして締めくくりたいです!

千秋楽のお稽古のときは、毎年お汁粉が出ます😋✨

このお汁粉をいただくと、あぁ今年のお稽古はもう終わりだな…また来年も頑張ろうという気持ちになります。